HOME>特集>自分で鳩対策しても効果がない場合がある!

自分で鳩対策しても効果がない場合がある!

鳩

90パーセント以上の確率と提言されるのは、鳩が同じ場所に帰ってくる確率です。その能力を利用して、紀元前から連絡手段として利用され電話がない時代では最速で伝達事項を伝えられます。現代でも街中で見る鳩は同じ場所にいる事が多く、糞がある場所は日に日にその量を増やしていき休憩所と化しています。特に電車の駅はその代表格ともいえる場所で、最近では鳩対策のために止まり木になりそうな場所全てに対策用金具を設置しています。また少しでも止まれそうな場所があれば同じような場所に糞がある事も多く、見上げると毛づくろいをしている現象が多々見られます。よって鳩対策をする際には一切妥協してはならず、少しの隙間でも住まいにしてしまうので専門家へ依頼し徹底的な対策を行うべきです。

専門業者が鳩対策をする時に気を付けている事は鳥獣保護法を厳守するという点です。人間の生活を脅かしているからと危害を加えてしまうと、こちらが罪に問われてしまう事もあるため必ず専門業者の判断が必要です。特に鳩対策の薬品使用は適切な量を効果のある場所に散布しなければならず、その判断は素人では行う事ができません。また素人判断で対策しても、鳩は翼をもっているため予測できない場所に巣を再構築する事もあり、専門業者の判断が必要な事例が多くあります。大人ならば専門業者に依頼という形もできますが、お子さんのいる家庭では誤って鳩が原因で怪我をする可能性もあります。そういった事例も含めてあらゆる危険性が潜んでいるので、早急な専門業者への依頼し対策を講じておくべきです。

困る女性